就職活動や面接の時にウィッグを活用する

いろんなウィッグの使い方があると思います。
普段と違う髪形でオシャレしたい場合もあるでしょうし、逆に普段は自分の髪の毛でオシャレしてるので、そのヘアスタイルでは行けない場所にウィッグを被っていくということもあるでしょう。

例えば、就職活動中だったりバイトの面接の時でしょう。
髪の毛を染めてたりすると、そのままでは厳しいでしょうから、黒髪のウィッグを被るとかですね。
お堅い会社でしたら尚更です。
そういう会社ですと、イメージは大事です。第一印象が大事ですから、奇抜なヘアスタイルをしているだけで結果に影響が出てくることも考えられます。
面接時間にもよりますが、その間に清潔感があるかどうかも見られることでしょう。
お嬢様系かギャル系か、ウケの良さは違ってくると思います。

  • 髪の毛の色は黒
  • 長すぎない程度、肩までくらいでしょうか

自然なボブウィッグも清楚な印象もありそうなので、フルウィッグのボブもいいかな。
ハーフウィッグでも自然なのを選びたいですね。
よくある前髪をいかすタイプでは、境目が不自然にならないように工夫が必要です。
前髪がついてるハーフウィッグもありますので、そういうのを選ぶのもいいかもしれませんね。

ウィッグで頭が大きく見えるのは避けたい

ウィッグを被ったら何だか頭が大きく見えてしまうことってありませんか。

ウィッグを被ってるのがばれる原因の一つがこのシルエットです。
自毛の長さ、ボリュームにもよるでしょうけど、ロングヘアーの状態からフルウィッグとかですと、頭のボリュームがさらに増してしまいますよね。

ウィッグネットの上から水泳帽をさらに被って小さくまとめるというのも一つの方法です。

ただ、そうなってくると、頭は小さく見えるようになるかもしれませんが、締め付け感でしんどくなるかもしれません。
短時間ならいいでしょうけど、ウィッグを被るのって長時間の時も多いですよね。

フルウィッグですと、どうしてもこういうことが起こりえますけど、ハーフウィッグなら毛量自体が少ないですから、顔と頭髪のバランスはとりやすいと思いますよ。
私がいつも思うのは、装着感って大事だなってことです。
頭に乗せる、被るわけですから、重量が重いのになると、やっぱり疲れます。
気を使うこともあるでしょうから、尚更疲れます。

そういうこともあて、より自然に見えるように、より身軽に被れるようにハーフウィッグのことを調べ始めたというのもあるんです。

ハーフウィッグの特徴を知りましょう

いろんなタイプのウィッグがあります。

  • フルウィッグ(オールウィッグ)
  • ハーフウィッグ
  • ポイントウィッグ

などですね。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、ウィッグ好きにはハーフウィッグもかなり人気なんです。

すっぽり被るフルウィッグとは違い、ハーフウィッグというのは、自分の髪をベースに使い、後ろ半分を覆う感じなります。
ということは、必ず境目が出来るわけで、そこはポンパドールでまとめるか、自毛と馴染ませるかとなります。
ここが不自然だとかなり違和感でます。

ハーフウィッグを通販で買うなら、

  • プリシラ
  • リネアストリア
  • スターリッチ
  • アクアドール

このあたりの通販サイトは人気ですね。

値段もばらばらですから、予算も考慮して選ぶことになるでしょう。

ハーフウィッグはどういうところがいい?

ハーフウィッグの場合は前髪は自分の髪の毛を使いますからアレンジしやすいです。
それに軽いです。
フルウィッグだと商品にもよりますが、結構な重さになります。毛の量が多いんですから当然なんですけど、それを長時間被ってると疲れてきます。
あとは「ばれにくい」というのもあります。もちろん、それはハーフウィッグのデメリットである境目の工夫は必要です。
それさえクリアできれば自然に馴染むと思いますよ。

装着もコームやクリップが付いてるものも多いですから、簡単に脱着ができます。

ハーフウィッグの困るところは何?

ハーフウィッグは必ず境目が出来ます。
そこをどうするかですね。カチューシャをつけたり、ヘアアクセで馴染ませることもできますが、そもそもウィッグのカラーと自毛のカラーがあまりにも不自然だと違和感が出てしまいます。

各社メーカーは、いかに自然に被れるかを考えて作っていると思います。
それでも、メーカーによって自然さは違います。
それぞれの特徴を知りながら、お気に入りのハーフウィッグが見つかるといいですね。