フルウィッグとハーフウィッグの通販でおすすめ

フルウィッグやハーフウィッグはどういう基準で選ぶかは迷います。安いのもありますが、少し高くても品質重視で選ぶこともできます。フルウィッグが通販で買えるサイトでおすすめはどれでしょうか。

ウィッグを通販で買うなら、やっぱり種類が多い店がおすすめかな。

リネアストリア、スターリッチ、アクアドールなんかもそうだけね。

オーダーメードでないウィッグなんて、自分に合わせて作ってくれてるものではないから、いかに自分が求めてるものに近いウィッグを見つけられるかが大事ですよね。

もし、買う店をまだ決めてないなら、ひたすらウィッグを見て回る。すると、だいたいの価格帯、カラバリ、長さ、品質なんかも分かってくるでしょう。

だから、種類が少ないウィッグ通販サイトは避けたほうがいいんじゃないかな。

ウィッグを通販で失敗しない方法

ウィッグは値段も品質もいろんなタイプがあります。

安いウィッグ通販サイトで売ってるのは人工毛のものになりますが、それでも品質には違いがあります。

タイトルに書きましたが、失敗しない方法を考えることはできますが、それが絶対かというとそんなことはありえません。

よく考えて調べてから買っても後悔することはあるでしょう。

ではウィッグの場合、どういったことで後悔することがあるでしょうか。

まずはカラーでしょう。これはオールウィッグに限ったことではありませんが、一番慎重になるのが色選びではないでしょうか。

これを失敗すると被るのも嫌になりますよね。問題は、自分が欲しい色と届いた現物の色が異なる場合です。原因は画面の色のずれもあるでしょう。

だからリネアストリアのようにカラー交換してくれるところもあります。

もちろん返送分の送料は客負担ですから、できればそのサービスも受けたくはないんですけどね。

サイズについてはフリーサイズというのと、細かいサイズが分けられてるものがありますが、これも被ってみないと分かりません。

それに、フルウィッグといっても、長さもボリュームもそれぞれ違うでしょうし、自分の髪の毛の長さもボリュームもみんな違うわけです。

ですので、被らずに確実に自分に合うウィッグを見つけることは不可能かもしれません。

それを少しでも減らすためには、複数の通販サイトを利用しないということも考えられます。

色やサイズなどもブランドによって異なるでしょうから、少なくとも同じサイトを何度も利用していればだんだんと特徴がつかめてくるのではないかと思います。

ハーフウィッグで自然!通販で見つけた!comment

ハーフウィッグがフルウィッグと比較して自然だと思うかどうかは人によるみたいですね。

激変でモテヘアスタイルにはハーフウィッグで自然に

自然さをウィッグに求めないなんてありえないよね。

ハーフウィッグがフルウィッグと比べて自然かどうかはいろんな話しを聞きます。

ハーフウィッグは絶対に地毛との境目が出てしまうので、そこをうまく隠すか馴染ますことができたら軽いし自然に盛れると思う。

でもそこを失敗してしまうと、例えば、地毛とウィッグの色味がかなり違うとか、そうなってくると、みんなの視線はその境目にいってしまうだけ。

アカヌケない女子ではなく、年相応な可愛らしさをハーフウィッグで叶えたいのです。

前髪だけ変えるだけでもワザありかな。

ハーフウィッグも自然さで選ぶならプリシラが好き

どんなウィッグでもそうですが、目指すのは自然さではないでしょうか。
コス以外で不自然でもいいとかって思う人はいないのではないかな。
ですので、どのメーカーさんも自然さをうりにはしてるようですが、いかんせんネットの画像だけでは分からないところもあります。
手に取り、実際に装着してみてでないと判断しかねるところもありますが、そうはいってられません。
今日はハーフウィッグで自然なのを探してみました。
結論から言うと、やっぱりプリシラになるかなと。例えばめちゃ楽エアロハーフというのがあります。
軽さ、自然さを求め、前髪がついてるんです。これは画期的といえますよね。
実は軽さってかなり重要ポイントですよね。オールウィッグと比べると毛の量が少ないわけですから当然ハーフのほうが軽いんです。でも境目が不自然になりがちなので、前髪がついたハーフウィッグってとてもいい感じがします。
値段は高めかな。安さを一番に考えるなら違うブランドのを探したほうがいいでしょう。
いくらでも安いのは売ってますよ、ブランド名は出しませんけど。
そのかわり、その分自然さは減りますよね。
あとは被りごこちの自然さもポイントですよね。それも結局は被らない分からないといえばそれまでですが、エアロハーフは伸縮キャップってのを使ってるんですよね。
重さとかしっくりこないウィッグを長時間被ってるとしんどくなってきますから。
ここらへんも考慮するといきつくのはプリシラになるかな、今のところは。
この先のことは分かりません。
ハーフウィッグで自然なのは?

忘れないうちに書いておくと、先日お昼のテレビを見てるとプリシラが紹介されていました。原宿だったかな、ちょっと忘れましたが、実店舗の紹介をされてたんですよね。やっぱり影響あったでしょうね。オールウィッグも種類が多いみたいだから、ハーフじゃなくてもオールのほうにしてみたいって思ったんだ。

結婚式はフルよりハーフか前髪だけのウィッグのほうがベター

結婚式に呼ばれることが増えてくる20代ですが、やはり普段とは違うわけですから、服装や装飾品もあれこれ考えないといけないこともあります。
ドレスをどうするか、ネイルはどうするかなどいろいろあるでしょうけど、普段からカラコンやウィッグを愛用しているなら、ちょっと考えどころですね。
センスマニアの中にもナチュラルなのがありますが、デカいのとかをつけて行くと場違いだと思われるしれません。
もちろん出席する人たちにもよりますが、堅い感じの式だったり、ジロジロと見られることもあるでしょう。
ウィッグにしても同様です。明るめブラウンでテカテカしてるようなのを被っていったりしたり、それこそ悪い意味で目立つかもしれません。
普段どんな格好をするかは自由ですが、周りの人が快く思わないようなことがあるのは避けたいです。
かといってマナーとかに詳しいわけではありませんので、こういうのは本を読んだり詳しい年配の人に聞いたりしながら身に着けていくしかないんでしょうね。
昔とは違うでしょうから、今は今の格好やスタイルがあるとはいえ、相応しくないような状況は出来ればないほうがいいと思います。
「結婚式はフルよりハーフか前髪だけのウィッグのほうがベター」の続きを読む…

ポニーテールウィッグは手軽だし簡単でおすすめできるよ

ポニーテールウィッグで軽くて簡単おすすめというのはありますよ。
マジックテープでとめるだけでポニーテールができるポイントウィッグなら「なみなみロングウェイブ」もおすすめだよ。
なみなみシリーズにポニーテールタイプが出たのは大きいです。
何と言ってもポイントウィッグは安いよね。
2,000円まででポニーテールウィッグもたくさんあるもんね。
「ポニーテールウィッグは手軽だし簡単でおすすめできるよ」の続きを読む…

ウィッグは冬にはいいね!でも頭皮の環境も要注意

冬が近づいてきた。最近は秋といっても、朝晩もかなり寒く感じることもある。
髪の毛ってどうも夏によく生えるイメージがあったけどそれは関係ないかな。まあそれはいいとして。
以前に乾燥肌についてということで、みんなの肌潤糖のことも書きましたが、今日は頭皮の乾燥のことです。
私の中では、夏は暑くてウィッグはちょっと敬遠しがちなんですが、冬に被るにはちょうどいいかなと。コートにも合うし。
夏の薄着の季節のはどうしても、頭がちょっと大きくなると違和感があったりするけど、冬なら心配ないし。
だからこそ、この乾燥の季節は頭皮のことも考えておかないといけないと感じてるんです。
「ウィッグは冬にはいいね!でも頭皮の環境も要注意」の続きを読む…

ハーフウィッグで自然に年齢を若く見せたい

年齢とともに肌は若い子のようなハリや透明感が無くなってくるのはごく自然なことです。
しわやシミなどのエイジングサインが現れてくるのは避けられないことですが、実はお肌の衰えとともにその人の印象をとても老けたものにしてしまう原因が髪です。
髪が加齢とともに薄くなってしまうと、どんなにおしゃれに気を付けてメイクに凝ったとしてもなんだかとても疲れた老けた印象の見た目になってしまうのは残念ながら事実です。
そんな時に自然な質感のウィッグをかぶると、自分の髪ではできないような髪型にも手軽に挑戦することができます。これまで似合わないと思い込んでいたヘアスタイルも、手軽にウィッグで挑戦してみたら、案外にあったという人も少なくありません。
髪形が今までとは違った大胆なスタイルに挑戦できるようになると、自然とファッションやメイクもそれに合わせて生き生きとしたものを選ぶようになってきます。どうせ年なんだから・・・なんて諦めてしまうのはあまりにももったいないことで、幸せな人生を送るためにもいつまでもファッションを楽しみ、自分を素敵に魅せる努力を惜しまない素敵な人でいたいものです。
自然な質感のウィッグには、そんな積極的で魅力的な女性たちの強力なパートナーとしての役割が期待できます。

それでは、どういうイタプのウィッグがいいかってなると、もちろんフルウィッグでもいいんですが、手軽さでいうと部分ウィッグ、特にハーフウィッグは手軽さ、価格などを考えてもおすすめなんです。
ただ、自然さでいうと、自毛に馴染むかということを考えると、考えないといけないところです。
若く見られたいとかそういう願望がどうこうではなく、不自然に見えてしまうと、それだけで不恰好になってしまうわけですから。
最近は特に質感、光沢、そういうのがいかに自毛に近いかで探しています。

就職活動や面接の時にウィッグを活用する

いろんなウィッグの使い方があると思います。
普段と違う髪形でオシャレしたい場合もあるでしょうし、逆に普段は自分の髪の毛でオシャレしてるので、そのヘアスタイルでは行けない場所にウィッグを被っていくということもあるでしょう。

例えば、就職活動中だったりバイトの面接の時でしょう。
髪の毛を染めてたりすると、そのままでは厳しいでしょうから、黒髪のウィッグを被るとかですね。
お堅い会社でしたら尚更です。
そういう会社ですと、イメージは大事です。第一印象が大事ですから、奇抜なヘアスタイルをしているだけで結果に影響が出てくることも考えられます。
面接時間にもよりますが、その間に清潔感があるかどうかも見られることでしょう。
お嬢様系かギャル系か、ウケの良さは違ってくると思います。

  • 髪の毛の色は黒
  • 長すぎない程度、肩までくらいでしょうか

自然なボブウィッグも清楚な印象もありそうなので、フルウィッグのボブもいいかな。
ハーフウィッグでも自然なのを選びたいですね。
よくある前髪をいかすタイプでは、境目が不自然にならないように工夫が必要です。
前髪がついてるハーフウィッグもありますので、そういうのを選ぶのもいいかもしれませんね。

ウィッグで頭が大きく見えるのは避けたい

ウィッグを被ったら何だか頭が大きく見えてしまうことってありませんか。

ウィッグを被ってるのがばれる原因の一つがこのシルエットです。
自毛の長さ、ボリュームにもよるでしょうけど、ロングヘアーの状態からフルウィッグとかですと、頭のボリュームがさらに増してしまいますよね。

ウィッグネットの上から水泳帽をさらに被って小さくまとめるというのも一つの方法です。

ただ、そうなってくると、頭は小さく見えるようになるかもしれませんが、締め付け感でしんどくなるかもしれません。
短時間ならいいでしょうけど、ウィッグを被るのって長時間の時も多いですよね。

フルウィッグですと、どうしてもこういうことが起こりえますけど、ハーフウィッグなら毛量自体が少ないですから、顔と頭髪のバランスはとりやすいと思いますよ。
私がいつも思うのは、装着感って大事だなってことです。
頭に乗せる、被るわけですから、重量が重いのになると、やっぱり疲れます。
気を使うこともあるでしょうから、尚更疲れます。

そういうこともあて、より自然に見えるように、より身軽に被れるようにハーフウィッグのことを調べ始めたというのもあるんです。

ハーフウィッグの特徴を知りましょう

いろんなタイプのウィッグがあります。

  • フルウィッグ(オールウィッグ)
  • ハーフウィッグ
  • ポイントウィッグ

などですね。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、ウィッグ好きにはハーフウィッグもかなり人気なんです。

すっぽり被るフルウィッグとは違い、ハーフウィッグというのは、自分の髪をベースに使い、後ろ半分を覆う感じなります。
ということは、必ず境目が出来るわけで、そこはポンパドールでまとめるか、自毛と馴染ませるかとなります。
ここが不自然だとかなり違和感でます。

ハーフウィッグを通販で買うなら、

  • プリシラ
  • リネアストリア
  • スターリッチ
  • アクアドール

このあたりの通販サイトは人気ですね。

値段もばらばらですから、予算も考慮して選ぶことになるでしょう。

ハーフウィッグはどういうところがいい?

ハーフウィッグの場合は前髪は自分の髪の毛を使いますからアレンジしやすいです。
それに軽いです。
フルウィッグだと商品にもよりますが、結構な重さになります。毛の量が多いんですから当然なんですけど、それを長時間被ってると疲れてきます。
あとは「ばれにくい」というのもあります。もちろん、それはハーフウィッグのデメリットである境目の工夫は必要です。
それさえクリアできれば自然に馴染むと思いますよ。

装着もコームやクリップが付いてるものも多いですから、簡単に脱着ができます。

ハーフウィッグの困るところは何?

ハーフウィッグは必ず境目が出来ます。
そこをどうするかですね。カチューシャをつけたり、ヘアアクセで馴染ませることもできますが、そもそもウィッグのカラーと自毛のカラーがあまりにも不自然だと違和感が出てしまいます。

各社メーカーは、いかに自然に被れるかを考えて作っていると思います。
それでも、メーカーによって自然さは違います。
それぞれの特徴を知りながら、お気に入りのハーフウィッグが見つかるといいですね。